News :

大バーゲンセール。この大特価価格をチェックしてみてください

Air Craft RC 用語集

RC飛行機に関する用語集

ここではRC飛行機に関してよく使用される用語を掲載しその用語の意味を解説しています。

頭文字 簡易説明

3D 曲芸飛行(アクロバット飛行)

説明

3Dアクロバット飛行では特に飛行法が重要ですが、機体を効果的にセットアップすることがアクロバット飛行をより簡単に実行するためにとても効果的です。

3F フリップフロップ飛行

説明

思い付きで行う安定しない3Dのような飛行

360, 540, など… 円弧の角度数

説明

円弧(円を描く)の角度。 360は中心を通って1回転することを意味し 360 ターンはレベルターンで飛行機は翼を動かさずラダーのみで360度回転します。

ABC Aluminum Brass Chrome : アルミニウム, 真鍮, クロム

説明

リングレスエンジンの部品として使用される材質の関係をさしアルミニウム製のシリンダー(A)、真鍮(B)またはクロムメッキ製(C)のスリーブを使用しています。ピストンとシリンダー間のクリアランスはタイトで始動時は固くなりますが耐久性に優れておりエンジンをベストな性能で駆動させます。

ABN Aluminum Brass Nickel:アルミニウム, 真鍮, ニッケル

説明

リングレスエンジンの部品として使用される材質の関係をさしアルミニウム製のシリンダーおよびニッケルメッキした真鍮のスリーブを使用しています。ピストンとシリンダー間のクリアランスはタイトで始動時は固くなりますが耐久性に優れておりエンジンをベストな性能で駆動させます。

ARF Almost Ready to Fly: 半完成機

説明

ARF機はほとんどの場合ある程度組み上げれているキットでモーター/エンジンや電子機器全般を自身で用意する必要があります。メーカーや生産者によりパッケージ内容や完成度に違いがあります。

ATV Adjustable Travel Volume:アジャスタブルトラベルボリューム

説明

多くの送信機で利用されるこの機能はサーボの最大動作量を上限を増やしたり制限します。 (この機能はFUTABAではEPAエンドポイントアジャスト、JRではASTもしくはトラベルアジャストとよばれています)

Aerobatics エアロバティックス 操作の一連:曲芸飛行

説明

ループやロールなどのスタント操縦を空中で行うこと。

Aft 航空機の機尾にの意

説明

Towards the back. Utilized, for example, "...with a toward the back focus of gravity

ARO After Run Oil:アフターランオイル

説明

走行後のエンジンの未燃焼燃料を取り除くための潤滑剤です。燃料は一部のエンジンでは腐食を促進してしまう可能性があります。アフターランオイルを使用することで燃料を取り除き繊細なエンジン部品のコーティング層を保護します。これは安価なエンジンの保険となりエンジンの寿命を延ばしてくれ様々なアフターランオイルが販売されています。

Ailerons エルロン 可動補助翼

説明

主翼にある操舵面で多くの場合翼端側にあります。飛行機を傾けるために使用され互い違いに動作します。(片方のエルロンが下がった状態のときもう片方は上がった状態になります。) 一方のエルロンが上がると空気がそちら側の翼を押し下げ機体をその方向に回転させます。つまり右に回転するには右のエルロンを上げることになります。エルロンはロール軸を中心として機体を制御します。"

Airfoil 翼型 翼の断面形状

説明

翼型はフラットボトム翼、アンダーキャンバー翼、半対称翼や対称翼など飛行機のスタイルや必要に応じて変わってきます。其々の翼形で特徴的な揚力を発生させます。

Amphibian 両生類 水陸両用車(機) 水陸両用機

説明

陸上、水上の両方から離着陸が可能な航空機で機体のタイプに応じてホイールは船体やフロートに格納されます。 水陸両用機は水上に着陸した後にランディングギヤを伸ばし海岸に引き上げることもできます。 多くの水上機基地には機体を陸上の駐機エリアに引き上げられるよう傾斜路を持っていました。"

Angle of attack 仰角 翼と空気の流れが作る角度

説明

翼が飛行する傾斜角の量。仰角を調整することで翼/ブレードの効率に影響します。厳密にいうと翼の弦のラインと相対風との間の角度"

Area翼面積 翼平面形の面積

説明

翼の面積(平方インチまたはフィート)量。翼長を翼弦で乗じたもの。テーパー翼の面積は翼長と翼弦の平均を掛けたものになります。

Aspect Ratio アスペクト比 翼長を翼弦の平均値で割った値

説明

アスペクト比は翼の効率が関わってくる場合に重要で、 アスペクト比が小さい(短形翼)と高いロールレートが可能となり操縦性に優れますまた長い翼よりも丈夫です。グライダーは滑空飛行に有利なより効率の良い高アスペクト比の翼(細く長い翼) を使用しています。 例: 10 フィートの翼長で翼弦長が1フィートの場合アスペクト比は10です。

Axis 回転軸 回転運動の中心となる一定直線

説明

The line around which a body pivots.

Ball Link ボールリンク 舵面と接続し回転します

説明

ボールを使った連結でサーボを操舵面やレバーに接続する際などに使用されます。

Backlash バックラッシュ ギヤの遊び

説明

ギヤまたはギヤの噛合い間の遊びの量のことをさす用語です。緩すぎるとギヤ滑りをおこしたり歯欠けを起こし、きつすぎると過度に摩耗します。

Barndoor Ailerons バーンドアエルロン 大きなエルロン

説明

いくつかのキットにが持つような丈夫な木製のシンプルなストリップエルロンよりもさらに大きなもエルロン。

Base Load Antenna ベースロードアンテナ ショートマウントアンテナ

説明

モデルに取り付けられる短いアンテナ。長めの受信機アンテナの交換用に使用されます。

Blade Balancer ブレードバランサー プロペラのバランスを取ります

説明

通常飛行機用では'プロペラバランサー' と呼ばれます。プロペラとスピンナーのバランスが振動を防ぐために均等になっているかを確認するために使用します。

"Buddy" or Trainer Box "バディー" または トレーナーボックス 二つのコントローラーでの操作

説明

リンクした2つの送信機を使用するトレーニング方法。トレーナー側送信機はう優先権を持ち訓練生側が制御を失っ足り方向を見失った際に操作に指導者が代わりに操作するために使用します。

CA シアノアクリレート系接着剤

説明

この接着剤は硬化時間が比較的早いタイプ(瞬間接着剤系)で様々な硬度や硬化時間のものがあります。

CG Center of Gravity: 重心位置

説明

ブレードやモデル全体のバランスをとる際に使用される測定値で、全ての重量が集中しているとみられる特定の物体の中心点をさします。中心のバランスポイントです。

Camber キャンバー 翼の翼弦と中心線との差

説明

翼の上面との底面のちょうど中間に通る線を描くと平均翼線となりこれは翼型によってまっすぐだったり湾曲していたりします。この湾曲を”キャンバー”とよびこの湾曲が大きいとその翼は”大きくキャンバーしている”と言えます。

Canard カナード 前翼

説明

ピッチを制御するために使用される主翼の前方の水平翼。この形態は稀にしか使用されておらず、またこの言葉は主翼と水平な操舵面をノーズ部に持つ航空機にも使われ”先尾翼”機とも呼ばれます。

Carburetor キャブレター 機械式燃料噴射装置

説明

ニードルバルブの設定によりスピードまたはスロットルを制御し空気と燃料後混合率を調整するエンジンパーツの一つです。

Center of Pressure 風圧中心 揚力と抗力の合力が翼弦線と交わる点

説明

全ての空気力が作用すると考えられるつ翼弦上の仮想点。

Centrifugal Force 遠心力 慣性力の一つ

説明

円運動をしている物体が受ける慣性力の一つで円の中心から遠ざかる向きに働く力をいう。

Chandelle シャンデル 急上昇方向変換

説明

航空機が180度の方向転換を行う急激な上昇ターン。

Channel チャンネル 周波数制御システムを動作させます

説明

周波数チャンネル
受信機に信号を送信するために送信機に使用される周波数。複数の送信機が同じ周波数、またはチャンネルで送信するとそのチャンネルを受信する受信機は2つの送信機により送信された競合する信号によりグリッチを起こします。飛行場などでは一度に1つのだけが任意のチャンネルを使用するように周波数をコントロールするシステムが必要となります。 通常は其々のチャンネルマーカーをボード上に置きそのマーカーが無い場合は他の誰かが使用しているということになります。
または
送信機のチャンネル数
送信機が制御できる機能の数。 例: 8 チャンネル送信機は8つのサーボスロットがあり別々操舵面やスイッチに使用します。多くの送信機でこれらのチャンネルはスロットルを上げるとピッチも上昇するコレクティブピッチ機能などのミキシングを行うことができます。

Charge Jack 充電ジャック バッテリー充電ジャック

説明

航空機のバッテリーを充電するための充電器の差し込み口です。フライト間のバッテリー電圧をチェックするために拡張スケール電圧計(ESV) を接続することもできます。このジャックを胴体のアクセスし易い場所に設置することで翼を取り外さずにESVを使用できるようにすると便利です。

Charger 充電器 バーテリーを充電する機器

説明

RCで使用されるバッテリーを充電するための機器。家庭用AC電源、またはDC電源、USBから電源を取るもののがありLiPoバッテリーやNi-MHバッテリーのRC用バッテリーパックを充電します。現在の充電器にはLI-Poバッテリーをバランス充電するための機能なども備わっています。

Chord 翼弦 翼の深さ、コードラインとも言う。

説明

翼の""深さ"" で前縁と後縁を結んだ直線の距離ことである。 翼面積を測定するための要素の一つ。

Clutch クラッチ 動力を伝達、遮断する機構

説明

ドライブトレインの一部でスロットルをあけた時エンジンまたはモーターが一定の回転数に達した時にクラッチが開きライニングとの接触によりギヤにかみ合い一定の回転数を下回った時、または停止中はギヤと切り離された状態になります。

Control Surface 操縦面 翼の可動部分

説明

主翼や尾翼面、またはカナードの稼働するいずれの部分。

Conventional Gear コンベンショナルギヤ 航空機のランディングギヤと尾輪

説明

メインギヤと尾輪をそなえる航空機のランディングギヤの配置。

Cowl カウル 走行風を調整する成形部品

説明

エンジンを覆う大型の成形部品(フェアリング)。 2つの目的を果たすためのもので航空機のフロント周りの気流の流れを円滑にしエンジン回りへの冷却のための適切な空気経路を提供します。

Dead Stick デッドスティック エンジンとプロペラが停止している状態

説明

エンジンパワーがない状態での着陸をさすスラング

Dialed In ダイヤルイン 飛行するための設定の状態

説明

モデルがスムースかつに予想通りに飛行するように設定されている状態のスラング。 機械やエレクトロニクスがともに最高の性能を発揮する状態。

Dihedral 上反角 V字型に角度のついた主翼

説明

飛行機の翼の、翼端にいくに従い水平面から上方に上がっている角度で通常上反角が大きいほど航空機の安定性が向上しラダーがロール軸、ヨー軸の両方を制御できるようにします。 このためトレーナー機の中にはエルロンを使用しない3チャンネルしか必要としないものがあります。

Ding へこみ プロペラの傷

説明

構造にできた軽微なへこみや損傷やプロペラの傷のこと。このようにへこみや傷ができたプロペラは交換を行ってください。

Dorsal Fin 背びれ 上部の垂直フィン

説明

尾翼の主要部分の前部にある垂直フィンの延長部で胴体に接しています。 航空機の上部、背中側に備わります。

Down thrust ダウンスラスト エンジンやモーターの下方向きの角度

説明

航空機の中心線に対するエンジンやモーター軸の下向きの角度のこと。 ダウンスラストはエンジンやモーターのトルクにより起こる頭上げを抑えます。

Drag ドラッグ 飛行方向に働く空気抵抗

説明

前方への動きに対する空気抵抗で、ドラッグはスポイラーやエアブレーキ、フラップのような航空機に備わる特定の装置を使用することで増幅させることができます。サポートワイヤーを持つ旧式の航空機は大きなドラッグを持っていますが、現代のジェット戦闘機などはドラッグがとても低くなるよう設計れています。

Dual Rates デュアルレート 送信機の設定機能

説明

送信機のスティック操作に対する舵角レートの調整を行う機能。

EDF 電動ダクテッドファン

説明

Electric ducted fan. A battery-controlled, fan (as opposed to outside propeller) driven model.

Electric Starter 電動式スターター 手持ち式のエンジンスターター

説明

モデル飛行機のエンジンを始動させるために使用します。通常12Vのバッテリーから電源をとります

Elevator エレベーター 昇降舵、航空機のピッチの操作

説明

ピッチ操作により機首の上げ下げをおこない上昇や下降をもたらします。エレベーターをし下げるとテールは上昇し機首が下がるので下降します。エレベーターを上げるとテールは下がりこれにともない機首が上がります。

Empennage 尾翼 航空機の尾部

説明

航空機の水平及び垂直尾翼

Engine エンジン ガソリンや燃料で動きます

説明

Rcで使用されるメタノールまたはガソリンを燃料で駆動するパワープラント。RC航空機では2または4ストロークのガソリンエンジンやグローエンジンが一般的です。4ストロークエンジンは大径で低ピッチのプロペラ向けで、したがって大きめのトルクやスピードレスポンスをあまり必要としない用途でしようされます。

Epoxy エポキシ 2液混合型のエポキシ樹脂系接着剤

説明

強力な樹脂/硬化剤接着剤で通常硬化時間が6~30分のものがあります。 強い強度が必要な航空機の重要な部分に使用されます。

Expanded Scale Voltmeter スケール電圧計 (ESV) バッテリー電圧を読み取る機器

説明

搭載するバッテリーパックや送信機のバッテリーパックの電圧を読み取るために使用します。

Exponential エクスポネンシャル 指数関数 送信機の設定機能

説明

この送信機の機能はスロットルスティックのニュートラル付近の操作に対してサーボの動作量を可変させる機能です。 これにより+側に設定すると初期はクイックに反応し後半マイルドに、-側に設定すると初期はマイルドに後半クイックに反応します。

FM Frequency Modulation: 周波数変調方式

説明

送信機から受信機に送る無線信号の送信方式をさします。

Failsafe フェールセーフ 送信機、受信機に備わる安全機能

説明

送信機からの信号が途絶えたり乱れた際にサーボをあらかじめプログラムされた位置に動かすPCM機能。

Fairing フェアリング 流線型の覆い

説明

空気抵抗を減らすために航空機の2つの構成部品間にかぶせる成形部。ウィングフェアリングは翼と胴体を接合します。ランディングギヤフェアリングはランディングギヤ支柱を効率化し、ホイールフェアリング(ホイールパンツまたはスパッツ)はホイールのかさばりを流線形状で効率的にします。

Field charger フィールドチャージャー 急速充電器

説明

自動車バッテリーの12V電源で動作するように設計されたバッテリー急速充電器。

"Figure 9" フィギュア9 回転飛行の技の一種

説明

公式競技の技の一種でループ系の技。

Fin, Vertical Fin フィン、垂直フィン 垂直尾翼のこと

説明

垂直尾翼面の固定部分。

Flaps フラップ 高揚力装置

説明

主翼の後縁にあるエルロンの内側に位置するヒンジ付の制御面。フラップを下げると翼はより空力的な揚力を発生させより低速での離陸や着陸が可能になります。フラップはRCスケール機によく見られますが通常トレーナー機には備わっていません。

Flare フレア パイロットの最終着地操作

説明

航空機をスムーズに着地させるために着陸アプローチの最終ポイント(着陸直前)で機首を上げる操作。

Flight Box フライトボックス 持ち運びするための機材用の箱

説明

飛行場で使用するすべての機器を持ち運ぶための特別な収納ボックス。

Flight Pack or Airborne pack 飛行パックまたは離陸パック RC航空機に搭載される機器

説明

RC航空機に搭載されているすべての無線機器、受信機やサーボ、バッテリー。、スイッチハーネスなどをさします。

Floats フロート 水上に着陸するための浮舟

説明

飛行機が水上に着陸するための長いカヌー上の構造物で航空機の一部ではなく胴体下の支柱に懸架されています。 ""ポンツーン""とも呼ばれます。

Flutter フラッター 風や気流のエネルギーを受けて起こす破壊的な振動

説明

飛行中にエレベーターやエルロンの操舵面が激しく振動し始める現象。この現象により時には操舵面が破壊されクラッシュにつながることもあります。 この現象が起こる理由は様々ありますがもっとも一般的なものはプッシュロッドヤコントロールホーンの接続に大きなギャップや緩みにより起こります。 飛行中にもし低い鳴動音が聞こえてきたらすぐにスロットルを抑え着陸させることをお勧めします。

Flying Boat 飛行艇 胴体部が水面に接する水上飛行機

説明

胴体下部がパワーボートのような形状の航空機の種類で胴体から直接水上に着水します。水上にいるときは水平を維持するため翼からつるされたフロートを持つものもあります。

Fore, Forward フォア、フォーワード 機首に(のほうへ)または前進(方向)

説明

Towards the front. Utilized, for example, "...the forward edge of the rib...", or as in: "...with fore and behind development...

Frequency Control 周波数制御 RC で使用する周波数の管理

説明

The FCC has permitted the 72MHz (72.010 - 72.990) band to be utilized for R/C airplane operations. This band is partitioned up into a wide range of directs in which you can pick a radio framework. You ought to know that specific zones have frequencies in which there is pager obstruction. This is the reason it is dependably an insightful move to check with your neighborhood interest shop to discover any channels that might be troublesome in the region you wish to fly. The FCC has permitted band 75MHz (75.410 through 75.990) for ground model utilize just (robots, battlebots, autos, water crafts), 50MHz (50.800 - 50.980) is assigned just to Amateur HAM permit holders for R/C use (and just at 1W greatest force yield.)

Fuel フューエル モデルエンジンの燃料

説明

モデルエンジンに使用される燃料。

Fuselage 胴体 航空機の主要部分 胴体、メインボディー

説明

The principle body of a plane, barring wings, tail and everything else. Flying wing sort planes, strangely, don't have much in the method for a fuselage.

Gain ゲイン ジャイロの感度

説明

ジャイロの感度で低すぎるとテールはポジションをうまく保持できず、高すぎるとジャイロが中心を探すためハンチングをおこします。

Glitch グリッチ 無線の望ましくない瞬時的パルス(ノイズ)

説明

Passing radio issue that never happens unless you are over trees or a marsh.

Glow Fuel グロー燃料 RCエンジンの燃料

説明

ほとんどのモデルエンジンで使用される潤滑剤を含むメタノールベースの燃料で一定の割合のニトロメタンが使用されています。メタノール/ニトロメタン/潤滑剤の混合油。

Glow Heater グローヒーター エンジン始動時のウォーミングアップをするためのもの

説明

グロープラグのエレメントを加熱するために使用され、モデルエンジンの始動時に使用されます。

Glow Plug グロープラグ 予熱プラグ

説明

モデルエンジン内の燃料の点火を助けるプラグでエンジン内の燃料を燃焼させることでサイクル間でエレメントが高温を保つのでエンジンが始動している間は調整を加える必要はありません。

Ground Effect 地面効果 翼と地面の間の空気流の変化の影響

説明

航空機が地面付近にいる際に起こる空気流の変化で翼が受ける揚力(上向きの力)が大きくなる現象。

Gyro ジャイロ 航空機を安定させるためのセンサー

説明

回転を感知し、それを補完するため適切なサーボを稼働させることで機体の姿勢を安定させる為に役立つ機械的、または電子装置。どの軸にも使用できますがラダーやエレベータに最もよく使用されています。

Header Tank ヘッダータンク 圧力調整タンク

説明

メインタンクとキャブレターの間に列で使用される小型燃料タンクでキャブレターに供給される燃料が気泡にならないように、またどんな態勢でも確実に燃料が供給されるようにします。

Heading Hold ヘッディングホールド ジャイロの種類(ヘッドロックジャイロ)

説明

回転を感知し方向を維持するジャイロの種類を表します。 これは運動の割合、運動の時間を感知しその距離を補完することにより達成されます。

Hit ヒット 突然の電波干渉

説明

突然の電波干渉により起こる不規則な飛行で多くは使用する周波数と被る送信機を起動した際に起こりますが離れた地点の無線ソースにより引き起こされる場合もあります。

Horizontal Stabilizer 水平安定板 垂平尾翼

航空機の空力ピッチの安定性を提供する胴体後部の水平な尾翼面。説明

 

Hot Start ホットスタート エンジンの始動方法

説明

運転したエンジンは短時間の間高温のままである傾向があります、この間はグロープラグにグロースターターを差し込まずにクランクシャフトを回してエンジンを再始動することができます。 危険な状態になる場合があるので注意が必要です。

Hover ホバー 3D 操作の一種 ホバリング

説明

静止状態で飛ぶ3D飛行技術で 'ハンガー'とも呼ばれています。 飛行機はプロペラの推力だけで場っ直ぐ上を向く吊り下がったような状態となります。

Hydraulic Lock 油圧ロック エンジンのウォーター(オイル)ハンマー現象

説明

油圧ロックはエンジン内で燃料があふれピストンが燃焼室で圧縮できなくなった際に起こる現象で、クランクシャフトが圧力を緩和することなく回転させれれた場合エンジンの損傷を引き起こすこともあります。

Immelmann インメルマンターン 航空機のマニューバ―の一つ

説明

もともとは戦闘時に航空機の向きを逆転させるために使用された空戦軌道をさし。 航空機のノーズを上げた縦方向にUターンしその後機体を直立の水平状態にもどすことで元々飛行していた逆方向に向くことができます。第一次大戦のドイツのパイロット、マックス・インメルマンによって発明されました。

Incidence 取付角 翼弦[尾翼弦]と胴体基準線との角度

説明

航空機のある他の部分と比べた時の一部分の角度。例えばスタビライザーが地面に対して完全に並行で、翼の前縁がスタビライザーと比較して2度上向いている場合、翼はスタビライザーと比較して+2度の取り付け角を持ちます。アップスラストやダウンスラストもエンジン(モーター)取付角とも呼ばれます。 この3つの測定値がそれぞれ適切な関係なにあるととで航空機の飛びの良さが決まります。 エンジンや翼の取り付け角が不適切な場合機体のピッチのバランス取りが不可能になる場合があります。

Incidence Meter 取付角計測器 翼の迎角を測定します

説明

Used to quantify the approach of an airfoil, can be utilized to gauge cutting edge pitch, or oar pitch.

Intake インテーク 航空機の吸気口

説明

航空機の空気取り入れ口でキャブレーターインテークやクーリングインテーク、エアコンインテーク(実機の場合)などがあります。

Inverted 反転 逆さまで飛行すること 背面飛行

説明

背面飛行のように逆さまに飛行することで、エレベータートラダーの舵の入力は地面から逆になります。

Kit キット 組み立てキットのこと

説明

キットとは組み立てられていないモデルのことをさし組み立てが必要なパッケージで届けられます。

LE Leading Edge:前縁

説明

翼の前側の縁

Landing Gear ランディングギヤ 着陸装置

説明

ホイールやホイール支柱などを含む一式のことで 、ここで""Gear:ギヤ"" という言葉は""toothed wheel:歯車""ではなく""equipment:装備""の意味で使われています。イギリスではランディングギヤを""undercarriage""(同様に着陸装置の意)といいます。

Landing Skid ランディングスキッド レール式ランディングギヤ

説明

ヘリなどに使われているレールタイプの着陸装置でホイールはついていません。

Leading Edge 前縁 翼の前側の縁

説明

翼やスタビライザー(尾翼)の前側部分の縁で始めに気流があたる場所。

Lean リーン 希薄燃料

説明

キャブレーターの項を参照してください。エンジンは燃料が希薄すぎるとオーバーヒートを起こし損傷し飛行中に故障してしまう可能性があります。キャブレターの調整は濃い状態から始めて徐々に最大パワーを生み出す条件へと調整を進めることが最も効果的ですが、少量の未燃焼燃料混合物はエンジンの潤滑や冷却を可能にします。

Lean Run リーン運転 エンジンがリーン状態になり起こる

説明

エンジンがリーン状態になると発生します。考えられる原因は不適切調整や燃料選択、過度な振動による燃料の気泡化、または燃料供給システム内での漏れなどで、燃料供給ライン内野空気がエンジンのリーン運転を引き起こします。

LG Landing Gear: ランディングギヤのこと

説明

likewise called the undercarriage. Alludes to all haggles bits. Landing rigging can be repaired or retractable into the underside of the wing or fuselage (called 'withdraws', normally just found on planes with 5 channels or more).

Loading 荷重 飛行機の翼にかかる荷重

説明

翼1平方メートルあたりが支える重量(kg/m2で表す)で航空機では翼面荷重といます。 通常、モデル重量を主翼の総面積で割ることで求められます。この翼面荷重は同サイズのモデルの間でのみ比較することができることにご注意ください。より大きな航空機は飛行特性は似ていながらより大きな翼面荷重を持っているように見えます。

Loop ループ 縦の一回転飛行

説明

空中での縦の円。飛行機のノーズを上げ元の位置に戻てくるまで回転し空中に縦の円を描きます。

Lubricant 潤滑油(潤滑剤) 摩擦を低減します

説明

2つの部品間の摩擦を軽減するための物で様々なものに様々な用法で使用されます。 エンジン燃料の場合、潤滑剤は多くの場合工場で燃料に添加されます。それはひまし油であったり合成品であったり混合であったりします。燃料に含まれる潤滑剤の割合は燃料の種類やエンジン、モデルの要件によって異なります。

Main Gear メインギヤ メインランディングギヤのこと

説明

メインランディングギヤとも言い大き目で丈夫なランンディングギヤ支柱とホイールで飛行機の重量を支えます。翼の下や飛行機の中心付近の胴体にあります。これ以外のランディングギヤや支柱やホイールは小さめです。

Midrange ミッドレンジ パワーバンドの真ん中

説明

アイドリングとフルスロットルの間のエンジンのパワーバンド。

Mixing ミキシング 送信機の機能

説明

ミキシングを備える送信機は2つ以上の制御をスティックの入力に関連してその出力をミックスします。ミックスされるチャンネルの数やミキシングカーブの精度、カーブポイントの数は送信機により異なります。

Mixing Arm ミキシングアーム ピボットを持つレバー

説明

3つ以上の回転部をもつ特定のレバー。ヘリに使用されるパーツ。

Mixture ミクスチャー 混合気

説明

燃料と空気の混合気はエンジンキャブレターのニードルバルブによって決まります。

Motor モーター 動力を発生させる機関

説明

モデルに使用されるあらゆる電動モーター。例としてサーボモーターはサーボアームを動かすことで制御面を操作します。

MPH マイル 速さの単位

説明

一時間で進むマイル数です。RPM, MPH は単数、複数形のどちらでも兼ねています。1MPまたは10MPH となっても 10MPHsとはなりません。

Needle Valve ニードルバルブ 燃料調整に使用します

説明

エンジンのキャブレーターで空気と燃料の混合気を調整するために使用します。ほとんどのエンジンでニードルを時計回りにすると混合気は希薄になり、反時計回りにすると濃くなります。

NiCad Nickel Cadmium Battery:ニッケルカドミウム電池

説明

一般的に送信機や受信機の電源として使用されている充電可能なバッテリー。

Nitro ニトロ Nitromethane:ニトロメタン

説明

ニトロメタンの略語。ニトロメタンを燃料に添加することによりパワーが増しアイドリングもスムーズになり、エンジンが調整しやすくなります。ニトロはまたエンジンをより慎重に調整しなければならなくなるという矛盾も生じさせます。一般的にニトロ混合物は 0% から 30% またはそれ以上で推移しています。

Nose ノーズ 機首のこと

説明

航空機の胴体の先端部。

Nose Gear ノーズギヤ ランディングギヤの一つ

説明

飛行機のノーズ部の下にある支柱とホイール。

PCM Pulse Code Modulation:パルス符号変調

説明

ハイエンドの送信機で使用される変調されたFM信号で信号はコード化されよりクリーンな信号になります。

PPM Pulse Position Modulation:パルス位置変調

説明

FMの別の用語

Peak ピーク バッテリーがこれ以上充電を受け付けない段階

説明

バッテリーがこれ以上充電を受け付けなくなり、エネルギーを熱に変換する地点です。 バッテリーに損傷を与える潜在的な危険があります。

Peak Charger ピーク充電器 充電器の充電方法

説明

このタイプの充電器はバッテリーがピークに達すると維持充電レートになりバッテリーにパックに損傷を与えません。

Pitch ピッチ 航空機の機種の上げ下げ

説明

飛行機の機種の上げ下げのことをさしエレベーターによって制御されます。

Pitch Axis ピッチ軸 上下回転する左右の軸

説明

エレベーターによって制御される航空機の軸。ピッチは其々の翼端で飛行機を保持することで示すことができノーズの上下の動きがピッチ運動です。航空機の上昇や降下の制御方法です。

Pontoons ポンツーン 水上飛行機用のフロート カーボディーのフロント/リアフェンダーの形状の種類

説明

Any of different drifting structures, particularly:A flatbottom pontoon used to bolster a scaffold. A skimming structure that serves as a dock. Both of a couple of buoys supporting a pontoon or seaplane.

Power Panel 電源盤 安定した電圧を提供するもの

説明

グロープラグクリップや燃料ポンプ、電動スターターなどの付属機器類に正しい電圧を提供する12Vの配電盤で通常フィールドボックスの取り付けられ12Vバッテリーに接続されています。

Prop Balancer プロペラバランサー プロペラをバランシングします

説明

モデル飛行機のプロペラのバランス調整を援助するように設計された装置。

Pull-Pull 両引きリンケージ

説明

2つのロッド、またはワイヤーを使用するリンケージセットアップ。其々が一方ずつの方向に引っ張られます。

Push-Pull プッシュプルリンケージ

説明

リンケージセットアップで一方ロッドが押すと他方は引きます

Rx 受信機

説明

RC飛行機に搭載する無線ユニットで送信機からの信号を受信しサーボの制御を中継します。

Reflex リフレクス 反り返り

説明

翼の湾曲した翼形で後部のほうに戻しの湾曲(逆の反り)があるもの。

Resonance 共鳴、共振 動く物体の振動の増大

説明

回転、または動く物体の振動周波数で、機械の多くの部分の共振が同期すると機械全体が大きく振動することを言い、振動による損傷を引き起こします。共鳴は特にエンジンが1つの周波数で振動し、不適切なバランス調整がされたプロペラやスピンナーを取り付けられた振動するマウントの別の周波数が航空機に問題を引き起こす可能性があります。

Retract servo リトラクトサーボ 機械式の引込脚に使用します

説明

特に機械式の引込脚に使用され180度のみ動く非比例のサーボです。 すなわちこのサーボは""オフ"" (ギヤアップおよび完全ロック) または ""オン"" (ギヤダウンおよび完全ロック)のいずれかでということです。このサーボは比例関係ではないためATVやEPA、ASTなどの調整はできません。リンケージはこのサーボが動く全ての範囲で動作するようし、ギヤアップ、またはギヤダウン位置にモデルのランディングギヤを固定するために適切に設定する必要があります。

Retracts リトラクト 引込脚

説明

引き込み脚の略でホイールや支柱は航空機内に折り畳まれ空気抵抗を低減します。

Right Thrust 右スラスト エンジンの右ヨー角

説明

飛行機の中心線に対するエンジンの右ヨー角。右スラストにより反トルク、プロペラ後流で生じる左ヨーに向かう傾向を抑えます。

Ringed ピストンリングを備えるエンジン

説明

ピストンリングを備えたピストンを使用するエンジン。ABC や ABNと比較して埃の多い環境で最もよく使用されるリングを備えるエンジンは 燃料/空気混合物中の混入物による損傷の影響を受けにくいですが ABC/ABNエンジンほどの高い圧縮比は提供しません。

Roll (maneuver) ロール飛行 左右の360度回転飛行

説明

航空機が一方向を向いたまま反転しまま正立に戻る回転を行います。

Roll Axis ロール軸 左右に回転する前後の軸

説明

エルロンにより制御される航空機の軸。ロールは航空機のノーズとテールを保持した状態で描かれいずれかの翼端が下がることがロールの動きになります。 この動きは航空機を傾けて旋回するために使用されます。多くの航空機にはエルロンが備わておらすロールとヨーの動きはラダーによって制御されます。これは多くのトレーナー機がより大きな上反角を持っている理由の一つに挙げられます。

RPM Revolutions Per Minute:毎分回転数

説明

1分当たりの回転数でどれくらい早く回転しているかを表します。単数、複数形のどちらも兼ねておりエンジンの回転1数 RPM または 10,000 RPMとできますが10,000 RPM'sとはなりません。

Rudder ラダー 垂直尾翼の可動部

説明

垂直尾翼面の可動部分でラダーは航空機のヨー軸周りを制御します。

Rc Radio Control:無線制御(操縦)、ラジオコントロール

説明

しばしば 'リモートコントロール:遠隔操作'と言われろこともありますが実際には'ラジオコントロール:無線操縦'が正しい用語です。

Seaplane 水上機 水上に浮く飛行機

説明

水上に着陸できるようにフロートやポンツーンが取り付けられた飛行機。

Servo サーボ 舵を動かすための部品

説明

The radio segment which takes the necessary steps of moving a control surface.

Servo Output Arm サーボ出力アーム アーム上の物や円形のものがあります サーボホーン

説明

サーボの出力軸にボルトで固定されプッシュロッドに接続される取り外し可能なアームまたはホイール。

Shot down ショットダウン 不時着を引き起こします

説明

不時着を引き起こす""ヒット"" で送信距離が離れすぎたことが原因で起こることもあります。

Simulator シミュレーター 自宅で飛行の練習ができます

説明

送信機を使用するコンピュータープログラムで飛行機や飛行場などを描写します。これによりパイロットはクラッシュのリスクを恐れることなく飛行させる感覚を得ることができます。シミュレーターは初心者が操縦方法を学ぶのに、また熟練者が新しい3Dルーティーンを始める際の練習に役立ちます。

Slats スラット 高揚力装置

説明

翼の前縁にある前縁フラップの一種で低速で気流の流れを助けます。翼下面側の気流の一部を上面に流すことで、上面の層流境界層にエネルギーを供給し、剥離を遅らせることでスラット無しに比べより低速での飛行を可能にします。スラットには固定式と格納式があり、旅客ジェット機にはスラットが備わっておりフラップが下がると開くようになっています。 短距離離着陸機のいくつかには速度や迎え角に応じて自動的にスラットが開閉するものがあります。

Slip スリップ 横滑り

説明

飛行機の操作を使用して胴体を飛行ラインの角度にむけて操縦します。ドラッグが大幅に増すのでフラップを使用しない航空機がスピードを上げることなく降下角を増すことができます。

Slop スロップ 操縦面がサーボが動かない際に起こる

説明

操縦面の動きがサーボを動かさないときに起こります。一般的な原因はリンケージポイントの消耗やリンケージ設定の不良の際に起こります。

Slot スロット 翼の前縁付近にある隙間

説明

主翼と、前縁スラットやスロッテッドフラップなどとの継ぎ目に設けられる隙間のこと。
隙間を設けることにより翼下面の気流を上面に導き、気流の剥離(失速)を遅らせます。

Slow Roll スローロール ロールの遅いバージョンのこと

説明

A moderate rendition of the roll

Snap Roll スナップロール 素早く横転させる飛行操作のこと

説明

素早く激しいロール系の飛行操作で基本的に進行方向を向いたまま行う回転飛行です。着陸のアプローチ中の不適切な速度制御をおこなうと航空機が翼の片方をスナップさせスピンさせることもできますがこれは地面に近いので回復する余裕がなくクラッシュしてしまう可能性があります。

Solo ソロ 補助なしでの飛行

説明

離陸から着陸まで補助なしで補助なしで一人ですべての飛行制御をすること。

Span スパン 翼長(翼幅)のこと

説明

左右の翼端の直線距離で計測されます。

Speed Brakes スピードブレーキ 主翼上面にある抵抗版

説明

航空機上にあり起立することで大きな抗力を生む大型のパネルで軍用ジェット機などでは翼の構造上ではなく胴体に搭載され民間の航空機などではスポイラーがエアブレーキとよばれることもあります。

Spin スピン きりもみ

説明

少なくともかたほうの翼が失速し2つの翼が異なる迎え角で動作している操作方法で高速で降下しながら機体を中心として回転します。 操作を誤ってしまうとクラッシュする可能性が高くなります。

Spinner スピンナー 弾丸型のノーズのプロペラカバー

説明

プロペラ周りの飛行機のノーズ部の弾丸上の覆いでプロペラハブの周りの空気の流れが滑らかになりまた見かけもよくなります。

Split-S スプリット-S 航空機の操縦方法の一つ

説明

基本的にインメルマンターンの逆で、180度ロールし逆さまになりノーズを下げ1/2ループを行いUターンする機動をさします。

Spoiler スポイラー 航空機の揚力を減少させる装置で翼にある操舵面

説明

航空機の揚力を減少させる装置で翼にある操舵面で 主翼の流れを乱し(スポイル)ます。グライダーでは降下率をコントロールするために使用され降下率を大きくしランディングを容易にします。フルサイズの飛行機ではスポイラーはしっかりと着地をするために着陸時に揚力を殺します。 スポイラーはまた空力的なブレーキのために抗力を追加します。

Stab 小さな翼 小翼 短翼 スタブ翼 (スタブ・ウィング)

説明

小さな翼 軍用ヘリ等の武装が取りつけられる翼

Stabilizer スタビライザー 航空機の安定性を向上させる装置 水平尾翼

説明

航空機の安定性を高める操舵面でほとんどの航空機に水平 (Horizontal) および 垂直 (Vertical)の2つのスタビライザーがありテール部に置取り付けれれています。スタビライザーはエンジンによって生じる回転力を克服するのに役立ちます。

Stall ストール 失速、揚力がなくなる現象

説明

翼を流れる空気が航空機の重量を支えるための十分な揚力を生成できないとき、それを""失速""と呼びます。この現象は飛行速度が遅すぎる場合や 翼の角度が侵入してくる気流に対して大きくなり過ぎた場合に適切な空気の流れができず揚力を発生させることができません。

Stall Turn ストールターン 失速反転

説明

航空機がローターディスク/主翼が垂直で、あるポイントで失速に至りその後ヨー軸周りに旋回しノーズは前進/下向き姿勢を維持した後水平に戻す操縦法です。

Strut ストラット 支持部材

説明

基本的に支持部材のことで翼のストラットは翼を支持し胴体から翼に向かっています。 吊り柱ストラットは複葉機に使用され胴体上部の翼を支えています。ランディングギヤストラットは機体とホイールを保持する一部で翼または胴体から伸びています。

Sub-Trim サブトリム 送信機の機能

説明

多くのコンピュータープロポに備わる調整機能でトリムで調整された操作範囲はそのままに+方向-方向にニュートラルをずらす際に使用されます。

Tachometer タコメーター プロペラを介して回転を計測するセンサー

説明

回転するプロペラを通して光のインパルスをカウントしエンジンやモーターのRPMを読み取る光学センサー。

Taildragger テールドラッガー 尾輪やテールスキッドが機体後部を支えるタイプの飛行機

説明

主脚が重心より前にあり、操作可能な尾輪またはテールスキッドが機体の後部を支えるタイプの飛行機。地面に尾部を引きずっているように見えることから「テールドラッガー」というあだ名をつけられています。

Tailskid テールスキッド 航空機の胴体腹部にある突起状の着陸装置

説明

尾輪のない第一次大戦などの古い航空機に使用された装置で航空機のテール部を支えるために木製のスキッドが使用されていました。加えて着陸の際に速度を落とすためにも役立ちましたが地上での操縦に役立つものではありませんでした。テールスキッドを備えた実際の機体は地上勤務員によりテールを小型のカートに乗せて移動させなければいけませんでした。

Tailwheel テールホイール 航空機の尾輪

説明

航空機のテール部の小さな車輪のことで前部に2つの大きな車輪があり、後部に小さな車輪がある種類の航空機に見られます。

TE Trailing Edge:後縁

説明

航空機の翼後部の縁。

Throttle スロットル エンジンのスピードをコントロールします

説明

パイロットがエンジンの速度を変更するための制御で車ではアクセルペダルが車のスロットルコントロールになります

Thrust スラスト モーターやエンジンが生み出す推進力

説明

エンジンやモーターによって提供される航空機を前進させる力。

Torque トルク 回転軸周りの力。回転トルク(軸トルク)のこと、またはエンジンやモーターの力

説明

The power which tends to bring about turn.

TR Torque Roll:トルクロール

説明

ホバリングからエンジン/プロペラのトルクによりエルロン入力無しで反時計回りに機体を回転させる3Dマニューバーのトルクロールの略。

Trainer Airplane トレーナー機 低速で安定して飛行するモデル

説明

本質的に安定して低速で飛行するモデルで初心者が飛行を学ぶ際に考えて反応するまでの猶予を与えてくれます。

Trailing Edge 後縁 翼の後部の縁

説明

主翼、またはスタビライザーの最後端。

Transmitter 送信機 入力コマンドを送信するユニット

説明

手で持って操作する無線送信機であなたが入力したコマンドを送信するユニットです。

Tricycle Gear トライサイクルギヤ 三輪式の着陸装置

説明

航空機のランディングギヤの配置でメインランディングギヤとノーズギヤを持つもの。

Undercamber アンダーキャンバー 翼下面の中空の曲線

説明

これは翼断面を見た際に翼の下面の中程から後端までが翼上部と同様の曲線を持つことを意味します。

Ventral Fin ベントラルフィン 胴体腹部の垂直に取り付けられた小さな翼(腹びれ)

説明

後部胴体の腹部にある小さな垂直な翼で横方向の安定効果を得る為の垂直尾翼の一種。通常は細長い三角形でラダーヒンジのラインで終わっています。

Washout ウォッシュアウト 航空機の翼のネジり下げ

説明

翼の取り付け角が、付け根から翼端に行くにしたがって浅くなってゆく形状のことで翼端より先に翼の中心が失速くするので不意の翼端失速を回避でき、低速での機体の安定性を向上させます。

Wheel Pants ホイールパンツ ホイールを覆うカバー

説明

大型の覆いで引込脚や固定脚を持つ航空機のホイールを効率的にするために使用されます。

Windsock 吹き流し 特定の場所の風の方向と速度を視覚的に示します。

説明

This can be utilized to depict various gadgets, all of which provide a visual insight into the heading and speed of wind in a given area.

Wing 翼 航空機の主な揚力を産む面。

説明

The principle lifting surface of a plane.

Wing Loading 翼面荷重 翼に加えられる単位面積あたりの重量のこと

説明

揚力を提供するために必要となる平方フィート当たりの重量のことで通常オンス/平方フィートであらわされます。求め方は次のように簡単に計算でき、翼の平方インチが解っている場合は単純に144で割り平方フィートを求めます。飛行機の総重量(オンス)を翼面積 (平方フィート)で割ります。この情報は次に作成する飛行機を決定する際に有用で翼面荷重の大きい飛行機は空中に留まるために破砕速度が必要となります。逆に翼面荷重が小さな飛行機は飛行を維持するために翼の周りに空気をあまり必要とせずトレーナー機のような低速で効率的な飛行が望まれる機体は翼面積が小さくなるように設計されます。

Wing Root ウィングルート 翼付け根

説明

左右の翼のパネルが接合されている翼の中心線。

Winglet ウィングレット 翼の先端にある垂直に立った小さな翼

説明

翼の先端にある小さな垂直面で翼端渦を減少あるいは発生方向を上方に移動させることで空気抵抗(誘導抗力)を減らし翼をより効率的にします。

Yaw ヨー 方向舵が制御する航空機の動き

説明

航空機のノーズの左右の動きでラダーにより制御されます。

Yaw Axis ヨー軸 航空機の左右に回転する上下の軸

説明

ラダーによって制御される航空機の回転軸でヨーは重心位置でワイヤーで航空機を水平につるすことで示される航空機のノーズの左右の動きです。

Yaw Rate ヨーレート ヨー角の変化する速さ

説明

The rate of development about the vertical pivot of a model.

Z-Bend Zベンド リンケージの形状をさす

説明

Zに似たコントロールロッドの折りまがりを利用したリンケージ部の一種。