Hyperion 研磨用 サンドペーパー (180 グリット) - A4 サイズ

0 レビュー | レビューを投稿 | Hyperion | HP-TLSANDPPR180

 

商品番号 HP-TLSANDPPR180

 

 

商品説明

Hyperion 研磨用紙やすりシートは手研ぎに、またカットして動力式のサンダーで使用することができます。この紙やすりシートは中~軽程度の表面の研磨用途に最適で、それぞれのシートを最大限に活用し小傷を取り除いたり、木材を水平に成形するために最適です。手研ぎ製品は木工作業や仕上げのための軽作業に使用され動力式サンダーが届かないところや細かな作業をより確実に行うことができます。適切なテクニックとしては、木材の傷は木目と並んでわかりにくくなります。手研ぎ用の紙やすりはA4 サイズのシートなので必要なサイズにカットして使用することができます。この紙やすりを手研ぎや動力式サンダーで使用できます。適切な研磨を行うことで、木材や金属、または滑らかな仕上がりが必要な素材かに関わらず最高の仕上がりをもたらします。 裏材の余白はオープンコーティングされ屑材をためておく余白を提供しており性能を低下させません。 これらはすぐに詰まらないため動力式の研磨にも効果的です。

サンディング製品のグリット数は研磨粒子のサイズを表しておりグリット数が低いほど研磨粒子は大きくなりより多くの材料を除去しますがより顕著な傷も作ります。グリット数が大きくなるほどより小さい粒子となり、除去する材料は少なく、より微細で磨き上げられた外観になります。 サンディングの作業ではいくつかのサイズのグリットを使用しており、グリット数の小さなものから始めてより細かなグリット数の大きなものへと移行します。グリット数が高いほどより滑らかな面に仕上げることができます。

利用用途に応じて 120, 150, 180, 240 & 320 のグリット数から選択できます。このページの下の部分に グリット#の適切な選択のための上方が載っておりますので参照してください。

特徴:

  • 効率的なサンディングのためのオープンコート
  • 仕上げの最終準備用に使用する#180 グリット
  • より一貫したスクラッチパターンと柔軟性のある裏地
  • 仕上げのための優れた柔軟性でポラスチックや金属および塗装などの研磨に最適です
  • 塗装の研磨などのドライサンディング用途に最適です
  • ミディアム、ファイン、エクストラファインのグリットが用意されています

内容品:

  • Hyperion 研磨用サンディングペーパー (180 グリット) - A4 サイズ x 1

 

仕様:

  • タイプ: コート紙
  • サイズ: 11""x9"" (280x230 mm)
  • グリット #: 180

 

サンドぺーパーの最適な使用方法:

適切な方法でサンディングすることでより良い仕上がりになります:

  • スクラップ木材等を使って研磨材や研磨工具がどの様に材料を除去するかを実際に確かめてみる。
  • 用途に合う最小のグリットサイズを使用しますが、ただし適切な順序に沿って行ってください。グリットの数を飛ばしても時間の短縮にはならず次のグリットでより多くの時間を費やすことになります。
  • 動力式のサンディングでは手研ぎよりも遅いペースで行う必要があります。サンダーを早く動かしすぎると木材を染色する際に目立つ傷ができてしまいます。
  • 動力式のサンダーを使用するときは押し付けて使用しないでください。押し付けすぎると仕上がりが悪くなり研磨が不十分になります。 軽いタッチで研磨ができなくなれば新しいサンドペーパーと交換してください。
  • 各グリットの研磨ごとに作業を行っている材料から埃や研磨くずを取り除くために表面を掃除機で吸い取ったり掃き落としてください。n

サンドペーパーのグリット数について:

グリット数36 ~ 100 では材料の除去に適しており動力式サンダーに使用することができます。用途としては下記のものあげられます:

  • 塗料やニスなどの仕上げをはがす
  • 金属の錆や木材の傷の除去や
  • 木材の水平や取りや成形

グリット数 100 ~ 180 では手研ぎおよび動力式のサンディングの両方で使用可能で仕上げのための素地の準備をします。このレンジでは下記の用途があります:

  • 材料を滑らかにします
  • 傷を取り除きます
  • 仕上げのための最終準備

グリット数 180 ~ 320 では仕上げの加工用途で使用されます。 手研ぎは下記の用途に適しています:

  • 隆起した木目繊維の除去
  • 仕上げコート間のスカッフィング

 

最初のレビューを書きませんか?