News :

大バーゲンセール。この大特価価格をチェックしてみてください

HP-THRUSTMETER

Hyperion Digital Thrust Stand
For Brushless Motors ≤48mm

Hyperion Thrust Stand Buy Now

お手持ちのモーターの正確な推力を測りましょう!Hyperionのデジタルスラストスタンドを使用して、最大48mmまでのブラシレスモーターの正確な推力を測ることが出来るのです。モーターとプロペラの組み合わせを最適化し正確な推力が一目で把握でき、また電圧(V)や電流(Amp)および電力(Watt)を測定する電力アナライザーが搭載されています。 内蔵スロットルレギュレーターが付属しており送信機を接続する必要はありません。また入出力にはXT60コネクターが備わっています。このスタンドは様々なモーターに対応しており高精度推力センサーは1g から 5000g までの推力を計測することができ、ボタンで oz(オンス) または gram(グラム)での測定に変更できます。

特徴:

  • CNC加工アオールアルミ合金製
  • 摩擦のない動作のため高精度チューブベアリングが使用されるスラストレール
  • 1gから5000gまで正確に読み取るための高精度推力センサー
  • 大型ブルーLCDスクリーンは推力をozまたはgmの測定単位で表示します
  • 大と小のモーターマウントアダプターが付属
  • 丈夫なマウントベースは最大59mmまでのモーターを取り付け出来ます。
  • パワーアナライザーを内蔵し、最大150Aまで対応可能
  • PNPデザイン
  • Opto ESCのための5v入力
  • 入出力のXT60コネクター

CNC machined

とても丈夫に設計されており、大型マウントベースを含むすべての部品はCNC加工アルミニウム合金でできています。ベース部の穴はテーブルや作業台にしっかりと固定するためのもので、高精度なリニアベアリングは摩擦のない動作を保証し、摩耗を軽減します。 送信機は必要ありません。LiPoとESCを差し込んで、モーターをマウントすればテスト準備完了です。Opto ESCもサポートします!

CNC machined

精密に加工されたXマウントは様々なモーター、またはマウントアダプターを取り付けできるよう設計されており、最大59mmまでのアウトランナーモーターも対応できます。スラストレールは摩擦の無い動作と長時間トラブルのない高精度チューブレスベアリングをサポートしています。

CNC machined

明るいブルーライトLCDスクリーンは電圧(V)、電流(A)及び電力(W)が表示され、測定値を一目で分かりやすく表示し、スロットルレギュレーターが増加するにつれてパラメーターの変化を見ることが出来ます。推力はパワーアナライザー下部のブラックライトLCD画面に表示され、+/-10gまたは.001ozの精度で最大5kgまで測定できます。推力の測定単位も変更でき、ボタンを押すことによりgm/ozで表示されます。

CNC machined

これは、モーター、ESCとプロペラを繋いだ電動機を飛ばす全ての飛行機モデルの愛好家が持つ必要があるツールの1つです。特にKV、電圧(V)、電流(A)や電力(W)を一緒に計るのに適したPNPシステムとなっています。もう推測する必要はありません。あなた自身のパワーパックや完璧なモデルを作るのに役立つでしょう。

仕様:

  • モーターサイズ: 23mm~59mm(アウトランナータイプ)
  • 推力レンジ: 1~5000g
  • 測定単位: 1g/.001oz
  • 精度: +/- 10g/.001oz
  • センサー電源: 3V (2 x AA バッテリー)
  • パワーメーター入力電圧: 5-60V
  • 最大電流: 150A
  • 最大ワット数: 6500W
  • ベースプレートの寸法: 140x200mm
  • ユニットの寸法: 210x140x96mm
  • 梱包の寸法: 250x150x135mm
  • 重量: 768g (バッテリー除く)

メモ: この製品はモーターのテストのためだけに特別に設計されたテストツールであり、間違った使い方をすると自己や財産、その他に損害を与える可能性があります。モーターをテストするときは安全上の注意に従ってください。以下の点を守ることにより、長持ちするでしょう。

  1. 作業中に動かないように穴をあけた作業台にしっかりとマウントを取り付けてください。
  2. テストするモーターがしっかりと取り付けられ、緩んでいないことを確認してください。
  3. プロペラを締め付け、きちんとバランスが取れているか確認してください。
  4. バランスの取れていないプロペラは振動の原因となり、推力センサーの性能に影響を与え、間違った数値を示す可能性があります。
  5. LiPoを接続する前に1~3の事項をもう一度確認してください。
  6. 吸い込まれるものがない広い空間でテストを行ってください。
  7. 安全のために常に保護眼鏡を着用し、回転するプロペラから離れて立ってください。
  8. パワーアナライザーは最大150Aまで使用できますが、定格を超えないようにしてください。
  9. モーターやESCの限界値まで持って行く前に、それらのメーカー仕様を常に参照してください。

警告:この装置の操作はユーザーの責任であり、不適切な使用やモーターやESCのテスト中に発生した損傷及び断線などについては当社は一切責任を負いません。テストの前に、仕様と定格についてはモーターやESCのメーカーのマニュアルを参照してください。