Hyperion Logo

Hyperion USB Drivers (Updated July 25, 2009)

DRIVERS DOWNLOAD - VCP Driver Kit for Windows

こちらをクリックして、VCPドライバーキットのSilicon Labsをご覧ください。

Hyperion USBアダプターはSilicon Labs CP210xチップセットをベースにしております。EOS0720i-NET3などのUSB内蔵充電器もこのドライバーパッケージを使用します。

以下の手順のステップ4までアダプタまたは充電器をPCのUSBポートに接続しないでください。

WINDOWS INSTALL INSTRUCTIONS for the Windows driver sets:

  1. 実行ファイルをコンピューター上の任意のフォルダにダウンロードし、ファイルをダブルクリックしてインストールを開始します。
  2. Windouws互換性について警告の表示が出た場合は[OK](もしくは[RUN])をクリックします。ドライバーはARE認定を受けています。
  3. ドライバーファイルのデフォルトのストレージパスを書き留めておきます。
    (通常はC:¥Silabs¥MCU¥CP210x¥WinXXX ...)
  4. PRGUSBアダプタをPCのUSBポートに接続してください。(または充電器をUSBで接続し、充電器の電源を入れてください。)

    ドライバーパッケージのインストール中に「ドライバーをインストールしますか?」と表示された場合、「はい」をクリックすると手順4で完了です。それ以外の場合は、手順5に進み手動でドライバーをインストールします。
  5. Windowsの[ハードウエアの追加]ダイアログボックスが表示されます。分かりやすくするために、ドライバーを見つける場所をウインドウに指示します…以下はXPと同様です。文章が若干異なっていてもプロセスは全てのWin OSで同じになります。
    • [Windows Updateに接続しますか?]と表示された場合は[今はしない]をクリックしてください。
    • 次の画面で[特定の場所からインストール]を選択し、ブラウザーのダイアログボックスを有効にしてファイルの保存フォルダーを参照します。
    (デフォルトでは、C:¥Silabs¥MCU¥CP210x¥Windows ....)
  • 正しいフォルダを選択すると[OK]ボタンが有効になりますのでそれをクリックします。
  • USBドライバーがインストールされます。
  • USBドライバーをインストールした後、同じ過程で仮想COMポートを作ります。ドライバーの選択も同じ過程を繰り返します。(Windowsはファイルのパスを覚えているので簡単に作成できます。)

この状態で、PRGUSBチップのLEDは緑色でなければなりません。(USBアダプタのみの場合) まだ赤色の場合は:

  • COMポート(CP210x)がWindowsに正しくロードされているかを確認し、WindowsデバイスマネージャーのPORTSセクションをチェックしてください。
  • USBドライバー(CP210xコンポジットデバイス)がWindowsに正しくロードされていることを確認し、WindowsデバイスマネージャーのUSBセクションをチェックしてください。
  • 一部のシステムでは、USBアダプタを常に同じUSBポートに接続する必要があります。これを確認するには各USBポートを試してください。

[PCのセットアップ関するサポートは承っておりません。詳しくはご購入先、もしくはメーカーにお問い合わせください。]

TITAN ESC及びEMETERでの4-PIN TI-PRGUSBアダプターの使用方法

  • PRGUSBアダプタを接続するときは、必ずGRD/V+/Tx/Rxの方向が正しいことを確認してください。
  • TITAN ESCの場合、アダプターコネクターのブランクピンは常にGRDの隣にあります。
  • EMETER V1については、EmeterとTI-PRGUSBとの間に付属のEmeterアダプターケーブルを使用する必要があります。
  • EMERTER v1について、Emeter PC Data Softwareを使用するときに最初にEmeterをオンにしてからEmeterにTI-PRGUSBを接続してください。(「low battery」の警告が表示される場合があります。)
  • RDUユニットの場合はTI-PRGUSBに直接接続してください。「Emeter」と記載されたアダプターは使用しないでください。

All rights reserved Hyperion HK Ltd., 2005~2007